ハイウェイとしてまかいの牧場へ

富士山の絶景を望める静岡のまかいの牧場は、拡大の年から酪農仕事に取組み続けています。
富士山の麓、朝霧高原にあって、ここは日本でも有数の酪農地帯だ。

まかいの牧場では、鳥獣とのふれあいや牧場事象において豊かな根性を育み、自然とふれあう件の楽しさ、料理の大切さ、ライフの尊さを体感することができます。
またブランコなどのおもちゃもたくさんあって、広々とした自然の中でアダルトも坊やも一緒になって遊ぶことができます。
ますます情景のいい丘でのアスレチックは最高です。
心も身体もリフレッシュする訳ダヨ。

日本晴れの太陽におすすめしたいのが、とりわけ乗馬事象だ。
初めての乗馬も安心のディスカウント馬で、馬の背中に揺られながら、毎日味わえない様子を見ることができます。
また放牧ステージでは、羊たちがのびのびといった暮らすその向こうに、富士山の絶景を眺めることができます。
ここでは雄大な森林を健康いっぱいに受取ることができます。

雨量の太陽には、ふれあいホールでウサギやモルモット、ヒツジ、ヤギなどの動物に触ったり、トランポリンや卓球で体を動かしたりしてはいかがでしょうか。
また食の事象ワークショップ・料理テラスや、物体製作・陶芸ワークショップでは、様々な事象ができます。
自作ミルクによるバターやチーズ、丸っこい粘土から手法びねりで取る陶芸など、雨量の太陽だからこそ年月を気にせずのほほんと体験できます。

まかいの牧場へは、東名ハイウェイ富士I.Cから約半、新東名ハイウェイ新富士I.Cから約半、コアハイウェイ河口湖I.Cから約40取り分で行程できます。
当然車両やバスで来院頂くことも可能です。

クルマでのスタートはかなり大喜びの坊やも、細長い車内でしげしげとしてるのは大の不向きだ。
動きたくて動きたくてうずうずしてる筈。
そのため一息時間はできるだけ、思い切り出来るようにしてあげたいものです。
一息時間は父母にとっても子供たちにとっても大切なブレイクタイムだ。
2年月おきぐらいに、こまめにとって差し上げるのがいいと思います。

子供達は何にも興味津々で、そういう子供たちの関心を刺激するPAやパーキングエリアが全国にはたくさんあります。

徳島愛車道程の上板PA(下り線)には、西日本のPAでは初となる、院内おもちゃや家族便所を備えた、お子さまをお連れの人さまモード食堂「かみいた乳幼児かふぇ」があります。
利用料(アダルト600円、小学校300円、未就学児100円、お爺さん500円)が必要ですが、アイスクリーム・飲み物食べ呑み放題といった院内おもちゃはゲーム放題となっています。

またドライブ中退屈しないように子供たちに目当てを持たせて見せるって、現地までの真っ最中も子供たちにとっては明るいものになるはずです。

西日本ハイスピード管内のPAには、地元の名勝や名産品等を主題にした個性スタンプ「ハイスピード記念スタンプ」があります。
記念スタンプを引き寄せるためPAやパーキングエリアに立ち寄る歓びも目立ち、周遊の諳記研究になるのではないでしょうか。

ただ一息に立ち寄るだけではなく、家族で喜べるPA・パーキングエリアを結構利用して下さい。http://クッションコンパクト.com/